新本格ミステリに拘泥する (休止中)

アクセスカウンタ

zoom RSS 011 『完全無欠の名探偵』 西澤保彦

<<   作成日時 : 2009/11/22 06:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★★★★☆
この作者で、最初に紹介するべきは、この作品ではないのかもしれない。
しかし、彼のフィールドである「SFミステリ」と、匠千暁シリーズに代表される「家族友人ミステリ」の中間点にあるのでは、と思ったので…。
今回はは前者の作品を主に。

この「完全無欠の名探偵」こと山吹みはるは、事件解決のために「何もしない」のだ!。
この名探偵には、話をする相手に、「古い謎を思い出させ」「それに絡む小さな出来事を思い起こさせ」「それが論理的に組み合わさる回答を思いつかせる」、ことができるのだ!。情報は漏れない、解決は相手の頭の中、その先どうするかは自分で決められる…。まさに「SF的能力」。

作者の作品には、「SF的設定(装置)がしょっちゅう出てくる。
『七回死んだ男』には同じ日を繰り返してしまう主人公が、『人格転移の殺人』には複数人で入るとそれぞれの人格が入れ替わってしまう装置が、『瞬間移動死体』にはテレポート能力者が、『複製症候群』には人間をコピーする七色の光の帯が…という具合。
で、ありながらそれぞれの「SF機能」には考え抜かれた「条件」が付帯されている。
作者はその中で起こるであろうことを「全て」シミュレートし、取捨選択した上で「本格ミステリ」的なロジカルな解決をしてみせる。

「本格ミステリ」は本来から「ルール・コード」に縛られてこそ成立する。
作者は、そこに新しい「ルール・コード」をプラスし、その上でそれを限界まで利用し、新たな本格ミステリ世界を構築している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
011 『完全無欠の名探偵』 西澤保彦 新本格ミステリに拘泥する (休止中)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる