新本格ミステリに拘泥する (休止中)

アクセスカウンタ

zoom RSS 190 『彼女が死んだ夜』 西澤保彦

<<   作成日時 : 2010/05/23 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★★★
「匠千暁シリーズ」の長編第1作。「まだキャラクターがしっかり固まっていないなぁ…」などと斜に構えて読むのもひとつかもしれない。「4人組」の最後のメンバー、ウサコに至っては全くの「チョイ役」でしかないくらいだし。しかし、作者の「志向」は既に十分見えている。(完成度においてはもうひとつ、と感じたが)

純粋な「論理」を伴った「パズラー」でありながら、その「部品」に人間を使っている。事件の発端からして、マトモではない登場人物の、マトモではない「ワガママ」だろう(こんな人には絶対付き合えない)。
それにしても、人間の「行動・動機」を「部品」としてパズラーに使い、それを成立させるというのは並大抵ではない。「推理の材料」に人間を取り込めば、その部分は「当然」ではなく「蓋然」に留まるだろう。それでも説得力を持っている、そこが作者の手腕が最も優れている点でもある。

それを可能にしている作者の一番の「特長」が、もう一方の代表作であるSF設定の「本格ミステリ」でも重要なファクターとなっている、「収斂のさせかたの上手さ」だろう。まず、どちらのタイプの作品も「他の可能性」が通用してしまうようであっては全くの失敗になるが、そこを全て「詰めて」ある。そのパズラーとしての完成度に加え、ストーリーテリングの巧みさが作品を完成させている。これだけ「生臭い」登場人物・動機・異常性という「部品」を使いながら、その先にある「結論」に「説得力」を持たせているのは、正に「まとめる手際」だと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
190 『彼女が死んだ夜』 西澤保彦 新本格ミステリに拘泥する (休止中)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる