新本格ミステリに拘泥する (休止中)

アクセスカウンタ

zoom RSS 191 『仔羊たちの聖夜』 西澤保彦

<<   作成日時 : 2010/05/24 07:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★★★☆
「匠千暁シリーズ」の長編第3作。(ちなみに「第2作」は「麦酒の家の冒険」)
タイトルの通りクリスマスイブに起こるこの事件は、主人公たちが出会う「きっかけ」となった事件でもある。時系列的にはこのシリーズ一番はじめの事件。この事件に「魅力」を感じる人なら、このシリーズにどっぷりはまれるだろう。

このシリーズを通じて、だが、超ロジカルな純パズラーでありながら、「人間の業(というようなもの)」を取り込んだ、作者ならではの「本格ミステリ」という風味。
パズラーに人間を取り込むには、このくらい「極端なキャラクター」であることは不可欠なこのなのかもしれない、極端であればある程その「動機」・「行動」は「必然性」が高くなり、「推理」に組み込みやすくなる。
だが大きな欠点がひとつ、そういう事件の在り様であるため、その「解決」において「カタルシス」が得にくい。ラストで中心に描かれるのが「登場人物の心理の面での解決」であり、そして「本格ミステリ的」には「完全な解決」ではなくなることも多いのだ。(それが「キズ」になっているとは思わないが)
それにしても、異常でロクでもない人間ばかり出てくる。そこを「キャラクター」と割り切って読まないとちょっと辛いかもしれない。またそれが一方で主人公たちの魅力を引き立てている面もあるのだろうが。というか、これだけ魅力的な主人公「たち」が活躍しなければ、ダークすぎて読み続ける気が起きないかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
191 『仔羊たちの聖夜』 西澤保彦 新本格ミステリに拘泥する (休止中)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる