アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ミステリー?」のブログ記事

みんなの「ミステリー?」ブログ

タイトル 日 時
198 『フェティッシュ』 西澤保彦
★★☆ 西澤保彦の、集英社文庫は「境界例」のような作品ばかりな気がする。当然個人的な感想だが、今作に至って、とうとう「本格ミステリ」とはいえないのではないか、と感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/31 02:20
147 『眼球綺譚』
★★☆ 本作は「本格ミステリ」でない、そんなのは裏表紙のあらすじでも読めばすぐ分かるだろ…。この作品は「ホラー」であり、自分は「ホラー」は苦手である、特に「スプラッタ」は勘弁してほしい。「作者名」のみを見て買ってしまったのだが、「買ったからには最後まで読む」というポリシーに基づき最後まで読んだ。 もう読み直したくないので古い記録そのままだが感想を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/11 04:42
104 『地底獣国の殺人』 芦辺拓
★★☆? 個人的に。「本格ミステリ」かどうか、と聞かれたら「ギリギリ違う」と答えるだろう。 作者が「書きたかったこと」はなんだろう、と考えると第一は「ロストワールド」そのものだったような気がする。昭和初期という時代設定や古生物学のある学説、それぞれは確かに魅力的な素材ではあろうが、その「まとまり」はもはや無いに等しく、何とか「冒険ストーリー」として形をとどめる程度。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 02:55
053 『ディプロトドンティア・マクロプス』 我孫子武丸
★★☆ これは「本格ミステリ」とはいえないだろう、作者の「中心」にある「本格ミステリ」、その周りをぐるりと1周まわって物語にすると、この形になるのだろう。 無理にジャンルでいうのなら、「探偵モノ」から「SF」を経て「特撮映画」へたどり着く、そんな感じだろうか。 そして、最大の「非」本格ミステリな点は、物語に「カタ」がついていないということ。(「ケリ」はついている) しかし、基本的にこの世界観は好き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/01 05:27

トップへ | みんなの「ミステリー?」ブログ

新本格ミステリに拘泥する (休止中) ミステリー?のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる