新本格ミステリに拘泥する (休止中)

アクセスカウンタ

zoom RSS 147 『眼球綺譚』

<<   作成日時 : 2010/04/11 04:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★★☆
本作は「本格ミステリ」でない、そんなのは裏表紙のあらすじでも読めばすぐ分かるだろ…。この作品は「ホラー」であり、自分は「ホラー」は苦手である、特に「スプラッタ」は勘弁してほしい。「作者名」のみを見て買ってしまったのだが、「買ったからには最後まで読む」というポリシーに基づき最後まで読んだ。
もう読み直したくないので古い記録そのままだが感想を。

「不協和音」「狂気」「生理的嫌悪感」「理解不能という恐怖」、きっと「ホラー」の「王道」のような7編。表題作は少し長めの70ページ、他は大体40ページ。どれも「怖い」、読んだ人にどれが一番怖いかを聞けば、その人の奥底にある何かが分かるかもしれない。

「本格ミステリ」的な楽しみを見出すことができる作品もあるのでその辺からいくつか。
「再生」、個人的には一番怖かった。この物語の「謎」は「本格的」に解明される。そして「謎」が解けた瞬間、ありがちだが、背筋を何かが駆け上がったような恐怖を感じた。
表題作、「眼球綺譚」、物理的整理的な「恐怖」が散りばめられた作品だが、物語全体を覆う「不安」のようなものは「本格」らしさを触媒に明らかになる。
「バースデー・プレゼント」は一番「嫌」だった(ホントに再読したくない)。
作者がこの方面での才能をハッキリと証明した作品集、「ホラー」が好きな人には「珠玉」という感じだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
147 『眼球綺譚』 新本格ミステリに拘泥する (休止中)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる